奄美大島の生き物たち-その3 ハナミノカサゴ

11月29日



奄美大島2本目(11月22日) 油井小島

見れた生き物 ハナミノカサゴ(幼稚園児)



IMAG09060-2.jpg




IMAG09070-2.jpg



ミノカサゴ系好きなんです。
いるとどうしても素通りできず、何枚か撮っちゃう。


それに、どんな生き物も小さいうちはよけい可愛い。


この子だって、ハナミノカサゴにしてはやたら可憐。毒があるとは想像できないくらい。
スポンサーサイト

奄美大島の生き物たち-その2 へコアユ

11月27日


1日目(11月22日) 2本目 油井小島

見れた生き物 へコアユ


IMAG0886-3.jpg


IMAG0887-3.jpg


IMAG0888-3.jpg


へコアユ。

初めて見ました。いやーみんなさかさまなんですね~~

しかもどうやって移動してるかよくわからないけど、なんか撮ろうとするとサンゴの反対側にしっかり逃げてる。

う~ん、海ん中は、ホント誰が考えたんだ!?!って生き物、ヤマほどいますね。



奄美大島の生き物たち-その1 ツバメウオ

11月21日から24日の4日間、奄美大島に行ってきました。

潜ったのはそのうち中二日の22,23日。
両日ともガイドさんとマン・ツーの超贅沢ダイブ。
天気予報も雨だったのがどちらもほとんど降られず、時々青空ものぞいてくれて◎。



今回お世話になったハーラ・リゾートのブログにもKazさんや祝さんが紹介してくれていますが、いろんな生き物たちが出てきてくれました。(リンクから飛べます)

カミソリウオ、ジョーフィッシュ、ダブルのカエルアンコウ、遊んでくれたカメさんなどなど…


いいカメラと、それ以上にいい腕がほしい!!と痛感しました。


今日から、今回のツアーで見られた生き物を順に紹介していきます。
見てくださいね¥^^¥



11月22日 1本目 呑ノ浦


IMAG0836-4.jpg


IMAG0838-3JPG.jpg



このコは若干ygらしい。
IMAG0860-4.jpg


ツバメウオ。

ガイドのKazさんから、ツバメウオとアカククリの違いを教えてもらった。

ツバメウオは口の部分が丸くて出っ張ってないが、アカククリはおちょぼ口。
ツバメウオは割と寄らせてくれるが、アカククリはすぐ逃げる。

教わったとおり、逃げるのがうまいアカククリは撮れず、写真はツバメウオばかり。
それもKazさんがタンクを持ってアシストしてくれた作品。ガイドの鑑!!

今日の一枚 「カメラ目線のユカタハタ 奄美」

明日から奄美に行くんです。
で、今回の奄美ツアーを記念して、奄美大島のポイント「嘉鉄」のボスであるユカタハタ君を紹介します。


この方、明らかにカメラ目線。
ぜーったい撮られることを意識していた。というよりカメラの前に回りこんで写ろうとしていた。


M0011543-2.jpg


ワ、顔でか!!
ま、こんなカンジ。ちょっとトリミングはしましたが…。



M0011544-3.jpg


でもやっぱ、いやがっったり恥ずかしがったりしてる態度じゃないよな。。


いろいろポーズとってくれたり…



M0011548.jpg


なかなかスリムなんですな。


M0011549-2.jpg



でも、初心者の私、とってもお世話になりました。


明日からまた奄美行きますんで、運よくお会いできましたらまたよろしくお願いいたします。





今日の一枚 「UFOに拉致?!」

今日11月19日に、日本人宇宙飛行士の星出さんが4ヶ月ぶりに国際宇宙ステーションから地球に無事帰還した。
でも、私はといえば、今まさにUFOに拉致されかけている。
同じ日本人として、なんと恥ずかしいことか。。。
そんなことより早く助けて!!あれ~~@@


今年8月、パラオ ブルーホールで。

IMAG0851.jpg


2012年11月19日  奄美まであと2日…。

今日の一枚 「もっと派手!ネッタイミノカサゴ ボホール」

ミノカサゴを派手とか目立ちたがり屋とかけなしてたら、
「私なんか全然地味よ!ホントにケバいのはこういうのをいうの!」と抗議された。

むむ…確かに比べれば…

しかし、ネッタイミノカサゴが登場したからといって、ミノカサゴが清純派になれるわけではない。

要は比較の問題でしかないのでは。。。


minokasago4-kumejima.jpg




小心なやつは、擬態でいかに目立たなくなって食われずにすむかにエネルギーを費やすのに、こいつときたら。
すごい目立ちたがり屋。ほとんどステージダンサー。
と、昨日までミノカサゴをそういう目で見ていたが、こうして並べるとロケーションの選択とかも青が基調だったりして、意外と地味に生きているのかもしれない、などと思ってしまいそうになる。
この顔もなんか悪気なさそうだし…

って、背景偶然だからね、ネッタイさんは顔写ってないけど、同じくらいオマヌケだからね。

IMAG0319修正



IMAG0316.jpg


2012年11月10日

風邪が抜けなくてすっきりしない。もう1週間以上ぐずぐずしてる。
でも今日は幸いパソコンに向かって記事を書く気力がある。
今月21日から4日間、奄美大島に行くんだから、それまでに絶対治そう!


2012年11月14日

皆様のおかげで、カゼが少しずつ快方に向かっております。奄美行けそう^^¥

二つの海

いつもは海の中の事だから、今日は空の上のことを書こうかな。

私はいまだに飛行機に乗ると窓際に座りたがるし、そこから見える景色をついつい撮ってしまう癖がある。

で、まず2枚の写真を見て欲しい。

去年7月に奄美大島に行ったときの、奄美空港着陸直前が上の写真。
下が羽田に帰ってきたときの京浜工業地帯とその海。


M0011389-2.jpg



M0011938.jpg



確かにまったく同じ条件ではない。
奄美大島は快晴だったし、羽田はうす曇、時間も夕方に近い。


別にどっちがいいとか悪いとか言うつもりはない。
京浜工業地帯は戦後日本の経済を支え、奇跡の復興を遂げさせた重要な一帯だ。
直接・間接に多分誰もが恩恵を受けている。

他方奄美は中央から離れた島であり、工場を作るには向いていない。

多分、役割の違いがこの写真の差異なんだろうと思う。


でも勝手なことだが、便利さの恩恵を受けながらも、やはり奄美の海が変わってほしくないと思う。

そして羽田周辺の海は、日本のためにワリくっちゃったんだな…と思う…。



M0011388.jpg


M0011390.jpg


そういえば、この一番細くなった奄美のくびれは幅1キロもないらしい。
なんだか折れそうで心配になる。


にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
プロフィール

みーみん

Author:みーみん
みーみんです(女性)。
一応ダイビングが好きということになっていますが、いまだに水中では恐怖と闘っています。
毎回、もうやめようと思いつつ、海の美しさと水中生物の不思議さにひかれ、気がつくとまた海の中。
そんな私ですが、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
CLICK,PLEASE THANK YOU!
FC2

FC2Blog Ranking

こんな記事も