パラオの無人島 ワニ島

IMAG3335-2.jpg


6月12日


パラオのガラロン・オプショナルツアーのランチは、無人島のワニ島だった。



無人島といっても、パラオの島々はそのほとんどに人が住んでいないので、特段珍しくはない。



でもこのワニ島は、まだほとんど観光客が入っていないため、いかにも人擦れのしない無人島らしさを感じさせる場所だった。


IMAG3501.jpg


お昼のお弁当を食べながら、何気なく手にとった貝殻には、ヤドカリが小さな生命を営んでいた。


IMAG3506.jpg


ヤシの実も、新しい芽を懸命に育てようとしている。


IMAG3512.jpg


IMAG3334.jpg


日常とかけ離れた、不思議な空気が流れる場所だ。



スポンサーサイト

パラオの蝙蝠

IMAG3292.jpg



6月5日



突然ですが、今日はパラオの海の生き物ではなく、陸の、それも空を飛ぶコウモリ君を紹介します。




前回のガラロンツアーの途中、車からボートに乗り換える港で飼われていた。




確か名前はその名のとおり、バットマンだったと思う。





時々パラオのガイドブックに、コウモリのスープが紹介されているけれど、実際に今もメニューにあるらしい。




らしいというのは、私が食べていないから。何でも食べる私ですが、ゲテモノだけはダメなんです。。





それでもパラオのコウモリは、フルーツが主食なので変なにおいやクセがなく、コウモリとしてはおいしいらしい。





コウモリは1羽(匹?)5ドルで売れるらしく、パラオ人には人気のアルバイトだとか。。。




食べるだけでなく、パラオではコウモリはペットとしても人気がある。




!!!エ???




と私も最初思ったが、こうして真近で見ると、黒目がちでつぶらな瞳が意外と可愛い。


IMAG3294.jpg



世界には知らないことがたくさんあるな~¥^^¥





パラオ ガラロンツアー

IMAG3336.jpg


6月1日

あまりにブログをサボったので、とうとうTOPに広告が掲載されてしまった。


さすがに、これではいけないと反省し、月が改まったのを機会に久しぶりのブログ更新ですm(__)m




写真は、最近(ここ1~2年くらい?)観光客に開放された、パラオのガラロンのロングビーチ。


ツアー最終日はダイビングができないので、いつもどおりオプショナル・ツアーに参加。


今回は、このガラロンのロングビーチ、シュノーケリングと島に残る謎のストーンモリノス探索。


まずロングビーチ。


まだ観光客がほとんど入っていない場所なので、どこまでも続く砂浜と海はどこが境かわからないほど澄んで美しい。


太古の手付かずの海って、もしかしたらこんなだったのでは、と思わせるほど。


IMAG3319.jpg


どこをどう切り取っても景色はそれほど変わらないのだが、少しでもこの空気を持ち帰りたいと何度もシャッターを切ってしまう。


ツアーの行き帰りにはイルカの群れもボートに伴走してくれたのだが、残念なことにカメラのハウジングの内部が曇っていたため、イルカらしい姿を確認できる写真が1枚も撮れなかった(くやし~~)


IMAG3333.jpg

この写真も少し曇り始めている。


でも、空も海も島も限りなく美しい。


IMAG3503.jpg


この島(ワニ島)でランチ。


ロングビーチもランチで立ち寄ったワニ島(ワニに似た形をしている)も、私たちのツアー数人だけ。


ゼイタクな時間を過ごさせて頂きました*^^*



プロフィール

みーみん

Author:みーみん
みーみんです(女性)。
一応ダイビングが好きということになっていますが、いまだに水中では恐怖と闘っています。
毎回、もうやめようと思いつつ、海の美しさと水中生物の不思議さにひかれ、気がつくとまた海の中。
そんな私ですが、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
CLICK,PLEASE THANK YOU!
FC2

FC2Blog Ranking

こんな記事も