アニラオ ハナイカ発見!!

M9156631-2.jpg







M9156624-2.jpg


10月27日

アニラオでハナイカと遭った。



ガイドさんもびっくりするくらい、9月のアニラオでは珍しかったようだ。



もっとも私は、いつものようにその稀少さがまるでわからず、



逃げるの遅そうだし、色がいろいろ変わるし、けったいな生き物やな~~



でも皆さんがあんなに追っかけるのだから、きっと ありがた~~~い お方なんだろう



とか思いながら写真とっていました。



ライトの加減もあるけど、確かに色 変化してるよ、ね?!?!?!!


スポンサーサイト

アニラオ イロブダイ幼魚





10月23日



アニラオのガイドさんが一所懸命指差してくれた方を見ると、白とオレンジの小さなお魚が・・・!



わ!イロブダイの幼魚だ!



イロブダイって、あの派手な青色のあのお魚?!?



なんでこんなに親と似ても似つかないんだ@@@@



彼の(彼女の)中学校の卒業アルバムとか見てみたい。。。



どんな模様と色してんの?





一瞬だったので、これしか撮れませんでした







アニラオのアカホシカニダマシにだまされて

M9156680-4.jpg



10月16日



アニラオの海に、なんか寝心地良さそうなイソギンチャクにちゃっかり居ついているカニさんがいました。



でも、海の生き物に詳しい方に聞いたら、



このカニに見える生物は、名前は「アカホシカニダマシ」といって、実はカニに身をやつしてわれわれを欺いている悪いヤドカリだというのです。



ええええーーー?!?



だって、カニじゃん。どこからどう見たって!?!



でもその方が言うには、



何よりの証拠には、カニははさみを入れて足が10本あるけれど、カニダマシは8本しかない。
これすなわち彼がカニでなくヤドカリの仲間である動かぬ証拠
とのたまう。



ンナこと言ったって、この写真じゃ足が何本あるかわかんないじゃん。



と、見た目にだまされやすい私は全然納得できなかったのですが、、、



ではこれでどうだ!!と次の写真を見せられて


M9156679-2.jpg



ははーー!仰せのとおりと納得いたしました。



1匹だけならどこかで足が取れたのかも、とか反論もできましょうが、2匹そろって足が4対8本では@@@



完敗です。アカホシカニダマシ君はヤドカリだったのですね。



海の生き物の不思議を、またひとつお勉強させて頂きました




アニラオのカニハゼ君

M9156644-3.jpg



10月12日


アニラオ・ダイビングの2日目 最初の1本はキルビス・ロック。



ここの海は大物はあまり見かけないけれど、



他の海では主役級の小さな生き物が、惜しげもなく次々と現れる。



この1本の主役は ピグミーシーホース。



よくダイビング雑誌にでてくるピンクの極小タツノオトシゴみたいな・・・。




その方が30メートルほどの所にいらっしゃるということで、みんなで潜っていったのですが、、、



写真は順番待ちで、相手は小さく当然擬態をしているので@@@@





全然わかりませんでした~~!!!



そういう時は無理にがんばらないようにしているので、次のターゲットなんかいないかなあ~~と、



自分で探せるわけがないので、ガイドさんの動きを追っていると・・・




いた!!



カニハゼ君!



砂地をぴょンぴょんと飛びながら移動中のカニハゼ君発見。



M9156646-2.jpg



ミリ単位の生き物よりセンチ単位の生き物の方が、やっぱりなんかホッとします。。。





アニラオ ニューカメラでニシキテグリ産卵に挑戦

P9210103-5.jpg



10月4日


9月にフィリピン・アニラオへ行ってきました。



今回のツアーは、私のミラーレス一眼 デビュー・ツアーでもありました。



My New Cameraは、オリンパスのOM-D EM-5。



このカメラに決めたのは、力のない私が海の中に連れて行くには、



カメラ自体の重さの何倍にもなるハウジングを出来るだけ小さく抑えたかったため。



私には、皆さんが持っているタカアシガニみたいなカメラはとても扱う自信がない。



EM-5にNAUTICAMのハウジングの組み合わせなら、内臓ストロボを生かした組み立てが出来る、



それが、このカメラとハウジングを選んだ一番の理由。



そりゃ私だって、自分だけの水中太陽 ストロボを2灯構成で持ち込みたい。



でも、フルセットで10キロ近いタカアシガニ・カメラは、やっぱり私には無理、、、なんだよ~~~



ということで、次善の策。これでも一所懸命考えたんだけどな~



軽いといってもやっぱりミラーレス一眼。



もうハウジングのセットだけでも大変(汗)



オマケにアニラオ・ツアー前半は台風16号で、ダイビング自体ができたらラッキー!みたいな天候。



とてもニューカメラを海の中に連れて行く勇気はありませんでした



そしてとうとう最終日、あんだけ重い思いをして持ってきたカメラを、このまま持ち帰るのも不甲斐ないし。。。



ということで、ストレスを感じながらもEM-5の水中デビュー。



1本目はスーパービューファインダーの扱い方がわからず被写体さえ捕らえられなかったのですが、



2本目はサンセットのニシキテグリ産卵撮影ダイブ、もうニューカメラで行くしかないシチュエーションです。



不慣れな浅瀬のビーチダイブに不慣れなカメラ、あたりはどんどん暗くなる。



ニシキテグリはいるみたいなんですが、カメラを向けた頃にはもうどこへ行ったやら???



最後はやけっぱちで、あてずっぽうでシャッター切ってました(半泣き)



オマケに、帰り道で見えない水中でニューカメラは岩にガンガンぶつかるし、



しかもガンガゼに手の甲を刺され、今でもちょっと腫れてます・・・・。






でもその甲斐あって、ニシキテグリ様の産卵写真撮れてました。



P9210103-6.jpg


これ、このとおり卵まで☆☆☆(実は最初ゴミが写ってるのかと思ってました)


まァ、ほとんどカメラが勝手に撮った、って感じですが~~


P9210103-2.jpg
                        
三角関係の証拠写真とか、、、




P9210102-4.jpg
                        
 こっそり彼女と手を握ってたり、、、




P9210107-2.jpg
                        
よく見るとこの方もツーショット。。。




これ、狙って撮ってたらもっとうれしいのですが



でも、このカメラになれたらマクロにはまるかも@@@@









プロフィール

みーみん

Author:みーみん
みーみんです(女性)。
一応ダイビングが好きということになっていますが、いまだに水中では恐怖と闘っています。
毎回、もうやめようと思いつつ、海の美しさと水中生物の不思議さにひかれ、気がつくとまた海の中。
そんな私ですが、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
CLICK,PLEASE THANK YOU!
FC2

FC2Blog Ranking

こんな記事も