なぜか癒されるクロハコフグ アニラオ

PC160930-2.jpg

1月29日




海の中には個性的な生き物がたくさんいるけれど、





そしてアニラオの海は個性派の競演みたいな場所だけど、





その中でも 今回特に印象に残ったのが このクロハコフグさん。




PC160937-3.jpg





いつもながら、こうした色彩のお魚を見ると




誰が どうして 何がしたくて こういう色と柄を選んだの




と、思いっきり聞きたくなる。




もっとも、こんなギンギンに派手なカッコでも フグ科のお魚には どことなくとぼけた雰囲気があって癒される。




フグさんとカメさんは、私にとって水中癒し系生きものの 揺るがぬ2トップなのです。




今回も、このクロハコフグさんと




穴の前に寝そべって しばらく見つめ合ってしまった。。。




PC160931-2.jpg




  ・・・あんたも ひまだねぇ・・・






スポンサーサイト

シンクロナイズド・イソギンチャクモエビ アニラオ

PC150478-3.jpg



1月24日



アニラオ・シークレットベイで超仲の良い イソギンチャクモエビ 発見!





小さなお家のなかで、二匹そろって 逆立ちポーズ。




シンクロナイズドスイミングのように息もぴったり





よほど気が合った仲良しペアなんだな~とほほえましく思っていた。





で その後日本に帰ってPCで写真を編集していたら







ん?!?!






この横にいるやつはナンだ?!



PC150478-5.jpg




もしかしたら、仲のよさと関係なく、このあたりの海では みんなこの角度、このポーズ?!?




LOVELYアオサハギ アニラオ

PC150618-4.jpg



1月22日



今回アニラオに行ってすごく気になったのがこのコです。






調べてみるとアオサハギのお子様のようですが、とにかく丸っこくて すばやくて なんだか見極めるヒマもなかったんだけど 





とにかく可愛かった。






一緒に行ったHさんと別に打ち合わせをしたわけでもないけれど、帰国後HさんのBLOGにもアオサハギLOVEが






書かれていて、なんだか安心してしまった








えーと、そこで質問なのですが、




この方は上のお子様の保護者でしょうか?それともご親戚か何か?名字は「ハギ」だと思われるのですが・・・



PC150525-2.jpg




それと、図々しいですが もしわかればもうひとつ。。。



PC150605-3.jpg


 こちらの方はナンでしょう?!  似てるようにも そうでないようにも見えるのですが・・・





わかればぜひ教えてください。 お願いしますm(_ _)m





切なげなエリマキテナガエビ アニラオ

PC160944-2 - コピー




1月17日



コロール・アネモネ・シュリンプです。




和名の エリマキテナガエビの方が 見たまんまの素直な名前に思えます。




PC160950-2.jpg

  全体を写すと こんな方です




たしかに 襟巻きをしてる手の長いエビ、 ですね。





正直カメラを替えるまではこのエビさんがどんな姿かまったくわからなかった。






サンゴの触手に擬態しているので もんのスゴーーくわかりにくく 頭の白いヘンな生き物ぐらいの認識しかなかった。






でも今回カメラを通して見てみたら 思いのほかに表情豊か。



PC160951-3.jpg

 見上げる視線が切なげです。










ゴメンナサイ。また元の路線に戻ってしまったようですm(_ _)m






お花畑のクマノミ アニラオ





1月12日



まともな写真を載せようと決心した2日目。





イソギンチャク(タマイタダキイソギンチャク?)に遊ぶ 可愛いクマノミです。





ゆれるイソギンチャクの白とピンクがお花畑のようで





「うーん、いい香り」とクマノミが目を細めてつぶやきそう。。。








私だってかわいくてきれいなものが好きなんですよ~




でも、次回から またマニアックシリーズに戻りそうですが・・・




めでたいほどきれい スミレナガハナダイ アニラオ

PC160787.jpg



1月8日 


私のブログの数少ない読者から、最近の私のブログの写真は、なんだかわけがわからないモンが多いとのご批判をいただきました




確かに




いきなりモンハナシャコを知らない方が見たら、いったいこいつの目は、口は、手は???とか思いますよね?!?





知ってたって、こいつの目はいったいと、ナゾだらけの気分になりますモン





ということで、今日は反省して誰が見てもわかりやすく美しい魚を載せました。



PC160787-3.jpg



スミレナガハナダイさん、蛍光色の赤と妖しく光る碧の目がめでたいほどきれいです。




いつもこのお魚はあまり浅瀬にはいないので、水中ではもう少し沈んだ色に見えますが、それでも他の魚と比べれはひときわ鮮やか。




何でこんなにきれいな生き物がたくさんいる海中で、ヘンなエビやカニばっか撮っているんだろう?!?と、自分でも疑問に思うこのごろです




ただのシーホース でも十分カワイイ! アニラオ

PC150611-2.jpg



1月4日



アニラオの海はカラフルなので、お正月らしくもっと華やかな生き物にしようかとも思ったんですが




この方と目があったとたんに離せなくなり




ま、一種の一目ぼれ状態、




抗えなくて、今年の2回目は超イケメンのシーホース君です(メスかもしれないが)。




今年もこんな素敵な生き物にたくさん遭えますように。




長かった正月休みもそろそろ終わりかな~~と、ちょっと哀しくなりながら




海と夕飯の献立に思いをはせる私なのでした






モンハナシャコから新年のごあいさつ アニラオ

M9207019-02.jpg


2015年1月1日




最近撮った写真の中で、一番めでたそうなのがこれ。




なんだかわからないけど、とにかくめでたそう。




自然の創造力の偉大さを感じます。  








今年もよろしくお願いいたします









プロフィール

みーみん

Author:みーみん
みーみんです(女性)。
一応ダイビングが好きということになっていますが、いまだに水中では恐怖と闘っています。
毎回、もうやめようと思いつつ、海の美しさと水中生物の不思議さにひかれ、気がつくとまた海の中。
そんな私ですが、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
CLICK,PLEASE THANK YOU!
FC2

FC2Blog Ranking

こんな記事も