とってもカワイイ☆アカネダルマハゼ アニラオ

PC160983-2.jpg



2月28日




今日で2月も終わり。




もう3月、春が近い





ので、




今日は色も画像も春らしい アカネダルマハゼ。




菜の花のような色をして、目はエメラルドグリーン。




とてもきれいでかわいい。




しかも、このモデルさんは




ガイドさんの説明によれば子供がいる、ということで、




お腹の中なのか、産卵後なのかも それさえ実はわからなかったのですが、




どちらにしてもめでたいこと、です暖かくなるのも もうすぐだし







あ、そうだ。4月にも1回アニラオ行けそうです。GW値段になる前の滑り込みで。うれぴぃ




スポンサーサイト

透きとおってますソリハシコモンエビ アニラオ






2月23日




最近ようやく気づいたのですが、




海の中でエビ系の生き物というのは めっちゃ 種類が多い。




しかも、たいてい小さい。




そのうえ透きとおっていたりする。




なので、撮っているときはなんだかわからないことがよくある。




もっとも、地上で見ても よくわからなかったりする。




これも ソリハシコモンエビだと思うのですが ・・・?



PC160726-2.jpg




よく見ると、ガラス細工ように 透明でとてもきれい。




ということで、名前はよくわからなくても結構楽しい









水中は危険がいっぱい アニラオ





2月19日



海の中を潜っていると、海底がサンゴだったり、砂場だったり、何十メートルも落ち込んだドロップオフだったり






いろいろと変化に富んでいて飽きることがありません。






で、こんな岩がゴロゴロした地形も珍しくはないのですが





こんな中に生き物が思いがけず潜んでいたりします。この写真みたいに。。。





@@えーどこ?@@





という方がいらっしゃるかもしれないので 写真を大きくしてみます。





PC150657-3.jpg





ちょっと動きのあるポーズの方が、生き物っぽいかな。




PC150659-3 - コピー




いや、どっちもあんまり・・・どうやっても石っぽい・・?!?





カサゴとかオコゼとかの仲間と思うのですが、英名もストーンフィッシュとかいうらしい(正式名称知りません





写真の方はそれでもおとなしめな表情で、オニオコゼ系のど迫力はないですが、





でも絶対肉食だ!!





こんなヤツらが、隙があったら食ってやろうと狙いを定めているのですから、





きれいに見える海の中も、食べられる側にしてみたらモンのすごくサバイバルチック





海の中も楽ではなさそうです。。。




元気に育てクマノミの赤ちゃん アニラオ







2月14日





バレンタイン・デー なので





ステキなカップルの写真をさがしていたら・・・





あったーっ  これっ 





・・・って、解説がないと意味不明ですが・・・





別にこれはクマノミがナゾの隕石を発見した写真ではなく





クマノミカップルが見つめる丸い岩(?)の右上の方、ちょっとグレーがかったところが





今にも生まれかかっている 孵化寸前のクマノミの赤ちゃんなんです



M9207025-02.jpg




う~ん、アップにしても良くわかんないですね~~




もう目とかちゃんと見分けられるんですけどね~   





まぁ、写真がへたなのは置いといて、





バレンタイン・デーにふさわしく






生まれてくる命をいとおしげに見つめる ステキなクマノミのお二人でした











縦じま・横じま アニラオ


2月10日


PC150667.jpg






     縦じま      コマチコシオリエビ  (フタスジウミシダコシオリエビかな?)










PC150585-5.jpg




   横じま     バサラカクレエビ




どちらも同じウミシダにかくれていました。





同じ家の中なのでどこかですれ違うこともあるでしょうが、多分お互いスンゴイ複雑な心境?!?





俺こそが、正しいシマのあり方なのだ!!!       とか?!?。








見てるほうにしてみると、どっちがタテだか横だか それすらも曖昧になってきますが・・・














ゴルゴニアンシュリンプ アニラオ

PC150429-02.jpg



2月5日



カラフルなウミウシから一転、今回のお客様は 色のない世界の ゴルゴニアンシュリンプ です。





ガイドさんが教えてくれたけど、何を指差しているかわからず 数十秒は被写体を探すのみで時間を費やし。。。





やっと見つけたら 「地味!!」@@!!





はたしてこんなものが(失礼!!知識がないもので)被写体となるのか?!?と思いつつも、





ガイドさんの「ぜひ撮れ!」オーラに押されてシャッターを切った。







全身を写すとこんな方。


PC150424-02.jpg


PC150429-4.jpg



後で調べたら 日本ではかなりのレア種のようで





いつもながら モノの価値のわからない自分にあきれてしまった
                                         









Kさん、しばらくマニアックシリーズが続きますが、ご容赦ください(笑)






不思議世界のウミウシたち アニラオ

 2月1日



別に どの写真にもヘンな着色をしたわけではありませんが、ウミウシの棲む世界はどこもカラフル。




海の中って、こんなに色があふれてたっけ?!?




なにか違う星で 見知らぬ生物と遭遇したような 不思議な感覚にとらわれます。




M9206993-2.jpg

    ヒョウモンウミウシ?かな




M9206992-02.jpg

    名前からして意味不明だけど、クロモドーリス・ヨシ?



M9207050-3.jpg
    
    シライトウミウシ?かな





う~~ん、ウミウシの世界は奥が深いです







プロフィール

みーみん

Author:みーみん
みーみんです(女性)。
一応ダイビングが好きということになっていますが、いまだに水中では恐怖と闘っています。
毎回、もうやめようと思いつつ、海の美しさと水中生物の不思議さにひかれ、気がつくとまた海の中。
そんな私ですが、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
CLICK,PLEASE THANK YOU!
FC2

FC2Blog Ranking

こんな記事も