文句なく可愛いい。。 カニハゼ アニラオ





6月25日




大好きな子のひとりです。 カニハゼ君。





でもいつも白っぽい砂地にいるんで 撮りにくいんですよね~~~





今回も30枚くらいは撮ったかな~





フィルムじゃなくて良かったと、何か気に入ったものを撮るたびに心から思います。





上の写真は、ぴょンぴょンとジャンプした瞬間。






P4281173-3.jpg


ワンパターンになりがちなので、角度を変えて・・・。
青い目をしてたのね^^






P4281192-3.jpg


正攻法。真横から。





どこから見ても やっぱり可愛いです






スポンサーサイト

怪しいやつら特集(ウミウシ系)  アニラオ





6月20日




アニラオには カワイイ・きれい系だけでなく 怪しいウミウシもたくさんいたので





まとめて紹介しちゃいますね^^





最初に出てきたのは、なにやら怪人風のマントをはおった怪しいお方。ハスエラタテジマウミウシ氏。




P4260466-2.jpg


「さらばじゃ」とマントを翻し 立ち去っていきました。






P4250069.jpg


次に現れたのは、濃紺のベルベットをまとった 伯爵夫人風の アオフチキセワタ 嬢。






P4250065.jpg


オーホホホ、ごめんあそべ と やはり立ち去っていきました。




P4250050.jpg


最後はちょっとドンくさい ミラーリュウグウウミウシ君。





あまり好みじゃなかったので 立ち去るまで待ってませんでした ゴメンネ







早くも秋色 セグロリュウグウウミウシ アニラオ






6月16日




2~3日前に夏色のクロフチリュウグウウミウシをご紹介しましたが




今日のお客様は どちらかといえば秋の収穫を思わせる色をした セグロリュウグウウミウシさんで~~す^^¥




と、ここまで書いて思ったんですが




私は前回ゲストのクロフチリュウグウウミウシさんは




黒い縁取りの 竜宮城のような色をした ウミウシ     と解釈していました。




でも今回のセグロリュウグウウミウシさんは




背中は黒いけど 他は全然竜宮城っぽくないのに リュウグウウミウシと付いている。。。




ということは、、、




「リュウグウウミウシ」とは見た目の色とかそういうのではなく




ウミウシの「科」とか「属」とかの分類で




まぁ、強いてビジュアル上で分けるのならば、丸っこくない細長タイプが「リュウグウウミウシ」の仲間




・・・ということでしょうか




と、ワケのわかんない、正しくもない理屈はおいといて、、、




この方 実に優雅に すべるように 海藻の上を移動しておいででした。




ウミウシ IS BEAUTIFUL!




最近 とみに 実感しております










夏色のアカフチリュウグウウミウシ アニラオ






6月13日




前回は涼しげな色合いのウミウシをご紹介しましたが




今回のゲストは いかにも夏を思わせる アカフチリュウグウウミウシさん。




竜宮城って見たことがないけれど




いかにもリュウグウっぽい色合いだと思います。




なんていうか 暑くるしいっていうか 南の国のお城っぽい。。。




前回のウミウシはまだ名前がわからないのですが




これが「アカフチリュウグウ」なら 「オアフチアジサイウミウシ」とか?!?




意外とまんまの名前が多いんで 当たってたりして・・・(笑)




まぁ、多少暑苦しくても これはこれで好きですが




空を想う、いえ 海を想う ウミウシ アニラオ




6月11日



チンアナゴを撮ろうと 海底をズリズリ這っていたら




イイカンジのウミウシがいたので ターゲットを乗り換えました。




P4270890.jpg




歩く姿も 様になっていて



デザインは派手じゃないけど 好みのタイプです




絶妙なセンス!イシヨウジウオ アニラオ

P4281344-2.jpg



6月7日



海の中には、思わずその姿形のセンスのよさにしばし見とれる生き物がいる。





それは ウミウシだったり 名前も知らない小さなお魚だったり イソギンチャクだったり 





対象はいろいろですが





たいていは みんなが夢中で追い掛け回すような すごいものではなく





どちらかというと ワリと大騒ぎされない種の中に





思いがけなく混じっていたりする。





今回アニラオで見かけたイシヨウジウオ君は まさにそれ。





確かアニラオのラストダイブのボートに上がろうとした直前にガイドさんが教えてくれた。





にしても、なんて素晴らしい自然のセンスだろう。





配色といい 模様といい・・・。





フランスかどこかの一流デザイナーの手による、とか言われても 思わず信じてしまいそう。。。


P4281340.jpg



う~ん、絶妙。。。




このツンと澄ました表情がまたいい。





とても  ヨウジウオ  などと 呼び捨てにはできない 




ようやく遭えたハナヒゲウツボ アニラオ

P4270970-4.jpg



6月4日



海の中のめぐり合わせは不思議で




そんなに超レアとかでない生き物でも、なぜか一度もお目にかかれない方が何種かいらっしゃる。




ハナヒゲウツボさんは私にとってはそんな生き物のひとつで




黒も黄色も青も どれも一度も見たことがない。




そんなハナヒゲウツボさんに アニラオでようやく遭えました。





P4270965-3.jpg





水の中で ずーっと口を開いているので




疲れないかと心配になりました。




P4260436-2.jpg




色は違っても やっぱり口は開きっ放しで




アゴの疲れる 大変な生き方だな、と思いました。。。




今回お会いできなかった 黄色い方もそうなのでしょうか






プロフィール

みーみん

Author:みーみん
みーみんです(女性)。
一応ダイビングが好きということになっていますが、いまだに水中では恐怖と闘っています。
毎回、もうやめようと思いつつ、海の美しさと水中生物の不思議さにひかれ、気がつくとまた海の中。
そんな私ですが、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
CLICK,PLEASE THANK YOU!
FC2

FC2Blog Ranking

こんな記事も